忍者ブログ
首都圏の鉄道を静かに彷徨うブログです。毎日0:00発車。

昨日に引き続き星野浩一氏製作の鉄道模型。これは日比谷線の3000系3036。東武つながりなので行き先は当然「北越谷」。運転士はもちろん、乗客も乗っている。




東武博物館にて




東武博物館で展示されている東武モハ1711のHOゲージ模型。東武博物館には星本浩一氏が制作した鉄道模型が多数展示されています。星本氏は東武車両の模型を多数製作され、細かい部分までこだわったようです。50歳という若さで亡くなられ、ご遺族が同博物館に多数の模型を寄贈されています。




東武博物館にて




青梅鉄道公園の電動遊具の傍らにある中央線101系タイプの道具箱です。結構大きいので、ほかの用途があったのかもしれません。


参考:EF65 1000番台形道具箱


青梅鉄道公園にて




制作者の気合いがあまり入っていない、バッテリーロコの模型です。見る人が見ればすぐに分かりますが、シールドトンネルを掘るシールドマシンに組み入れられています。





これがシールドマシンの全景模型。バッテリーロコは画像右端(後方)に写っています。



地下鉄博物館にて




営団地下鉄7000系7101の模型です。黄色の帯に2段窓の登場時の姿ですが、行き先は「新富町」になっています(最初の開業区間は池袋-銀座一丁目。)。

参考:現在の7101




地下鉄博物館にて




カワイモデルが作ったのかと思える保線車両の数々。かつては暗いコレクションギャラリーに収蔵されていましたが、南館ができてからは、明るい本館に移動しました。






鉄道博物館にて





宇高連絡線「土佐丸」の1/100模型です。



鉄道博物館にて




青函連絡船で貨車を航送するための車運丸の模型です。無動力のはしけで、動力船に引っ張られて進みます。



貨物は中央1本か、左右2本にわけて積載できるようです。


鉄道博物館にて




鉄道博物館のミニ運転列車EF55 1です。





さすがてっぱく。




素晴らしい出来です。



鉄道博物館にて




E5系の元になったE954形試験電車の不採用モデルです。360km/hの運転に備えた空気抵抗増加装置を開いた状態です。




鉄道博物館にて




鉄道博物館にある「ミニはやぶさ号」です。先頭車はE514をモデルにしています。



鉄道博物館にて




新幹線E5系グランクラス車のモックアップE514-9001です。




編成番号はU0編成です。



鉄道博物館にて




トーマスが牽引する客車は、アニーとクララベルですが、ここではアニーだけ。しかもこのアニーは2軸車からボギー車に進化しています。




碓氷峠鉄道文化むらにて




バッテリー駆動の自走遊具、トーマスとパーシーです。




碓氷峠鉄道文化むらにて





ブログ内検索
おすすめ記事
珍車
旧草軽電鉄デキ13 珍車の最高峰
マヤ50 5001 現代版おいらん車
クト2 自走できない両運転台車
キハ08 3 自走できた客車
高岳静荷重試験車 運ばない貨車

電気機関車
遠州鉄道ED28 2 台車大きすぎ
銚子電鉄デキ3 ビューゲル電機
近江鉄道 ED31 無骨な凸型電機
都営E5000 地下鉄専用電機
EF65 501 現役最後の往年の名機

ディーゼル機関車
秩父太平洋セD300形 誘導員室付
関東鉄道DD502 なんとロッド付
DE11 2002 静音にこだわったDL
日新 NDD5602 根岸のスイッチャー
DD51 センターキャブの大型機

貨車
シキ801 問答無用の巨大貨車
ワ100 901 モーダルシフトの先駆者
ヤ565 大型除草剤散布車
タキ143645 超レアタキ

珍しいコンテナ
Z-1コンテナ 人を運ぶコンテナ
ZX45A-2コンテナ 大型検測コンテナ
UM20Aコンテナ 全身金網のコンテナ
20Aコンテナ 1台だけの桃色コンテナ
W18Fコンテナ 危険な白いコンテナ
ZX18AFコンテナ スケルトンコンテナ

希少種・絶滅危惧種
207系 千代田線の希少種(1)
06系 千代田線の希少種(2)
5000系 千代田線の希少種(3)
6000系試作車 千代田線の希少種(4)
行商専用車 京成の名物


土合駅 462段の階段トンネル
国道駅 生きた昭和のテーマパーク
田浦駅 3世代のトンネル
大師前駅 隣駅に改札がある駅
湯檜曽駅 螺旋と隧道のある駅

設備
池袋5号踏切 交差点との微妙な関係
金属工業西側踏切 8個の警報灯
太陽の恵み鉄道 2線式転車台
上野検車区の踏切 地下鉄の踏切
渋谷駅の跨線橋 階段のない跨線橋

東京駅(丸の内)の変遷
2007.12.24 旧駅舎のライトアップ
2008.12.24 まだ大丸の看板が見えた頃
2009.12.24 シートに覆われ始めた旧駅舎
2010.12.24 完全にシートに覆われた頃
2011.12.24 復原駅舎が見え始める
2012.12.24 復原駅舎のライトアップ
2013.12.24 夕景の駅舎
2014.12.24 100周年でも駅前工事中
2015.12.24 相変わらず工事中
2016.12.24 まだまだ工事中
2017.12.24 ついに完成
2018.12.24 駅前の芝生

業平橋駅の変遷(東京スカイツリー完成まで)
2008.1.1 試験工事中
2009.1.1 基礎工事中
2010.1.1 200m越え
2010.7.1 400m越え
2011.1.1 500m越え
2011.7.1 634m達成後
2012.1.1 ホーム工事
2013.1.1 開業後(まとめ)

国立競技場駅の変遷
2014.1.1 閉鎖前の旧競技場
2015.1.1 SAYONARA国立競技場
2016.1.1 そして何もなくなった
2017.1.1 基礎工事が始まる
2018.1.1 観客席が姿をあらわす
2019.1.1 着実に進行中


ほかにもいろいろあります
彷鉄Archives

広告
PR
アーカイブ
2019年02月 (24)
2019年01月 (31)
2018年12月 (31)
2018年11月 (30)
2018年10月 (31)
2018年09月 (30)
2018年08月 (31)
2018年07月 (31)
2018年06月 (30)
2018年05月 (32)
2018年04月 (30)
2018年03月 (31)
2018年02月 (28)
2018年01月 (31)
2017年12月 (31)
2017年11月 (30)
2017年10月 (31)
2017年09月 (30)
2017年08月 (31)
2017年07月 (31)
2017年06月 (30)
2017年05月 (31)
2017年04月 (30)
2017年03月 (31)
2017年02月 (28)
2017年01月 (31)
2016年12月 (31)
2016年11月 (30)
2016年10月 (31)
2016年09月 (30)
2016年08月 (31)
2016年07月 (31)
2016年06月 (30)
2016年05月 (31)
2016年04月 (30)
2016年03月 (31)
2016年02月 (29)
2016年01月 (31)
2015年12月 (31)
2015年11月 (30)
2015年10月 (31)
2015年09月 (30)
2015年08月 (31)
2015年07月 (31)
2015年06月 (30)
2015年05月 (31)
2015年04月 (30)
2015年03月 (31)
2015年02月 (28)
2015年01月 (31)
2014年12月 (31)
2014年11月 (30)
2014年10月 (31)
2014年09月 (30)
2014年08月 (31)
2014年07月 (31)
2014年06月 (30)
2014年05月 (31)
2014年04月 (30)
2014年03月 (31)
2014年02月 (28)
2014年01月 (31)
2013年12月 (31)
2013年11月 (30)
2013年10月 (31)
2013年09月 (30)
2013年08月 (31)
2013年07月 (31)
2013年06月 (30)
2013年05月 (31)
2013年04月 (30)
2013年03月 (31)
2013年02月 (28)
2013年01月 (31)
2012年12月 (31)
2012年11月 (30)
2012年10月 (31)
2012年09月 (30)
2012年08月 (31)
2012年07月 (31)
2012年06月 (30)
2012年05月 (31)
2012年04月 (30)
2012年03月 (31)
2012年02月 (29)
2012年01月 (31)
2011年12月 (31)
2011年11月 (30)
2011年10月 (31)
2011年09月 (30)
2011年08月 (31)
2011年07月 (31)
2011年06月 (30)
2011年05月 (31)
2011年04月 (30)
2011年03月 (31)
2011年02月 (28)
2011年01月 (31)
2010年12月 (31)
2010年11月 (30)
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
25 26 27 28
忍者ブログ [PR]