忍者ブログ
首都圏の鉄道を静かに彷徨うブログです。毎日0:00発車。

車体の塗色が変更になった東京モノレール 1096です。




2036も同様の配色になっています。



昭和島にて




多摩の住宅地を静かに走る1105です。


高幡不動にて




千葉都市モノレール0形004+003です。従来の1000形とは大幅に印象がかわりました。



千葉公園にて



東京モノレール10000形10016です。



10015。



10014。



10013。



10012。



10011。



昭和島にて




東京モノレール1091F 1096「モノルントレイン」です。「見かけた日は1日ラッキー?!」という青い鳥です。



1号車と6号車の車端と号車番号に描かれています。


勝島橋にて




東京モノレールで行われた「ヒストリートレイン・パレード」です。まずは1024(1019F)、開業時の塗色です。



次は1054(1049F)、500形導入時の塗色。




続いて1090(1085F)、1000形導入時の塗色。




現在の1000形塗色は1000形のトップナンバー1001F(1006)。




次が2000形(2021F, 2026)。




最後がモノルントレイン1096(1091F)という構成でした。



勝島橋にて






一昨年掲載したときはまだ名前が付いていなかったあすかパークレール アスカルゴです。





レールと架線(オレンジ色)です。





上から見たところ。ラックは上からは見えません。三相交流なので架線は3本です。気持ち程度の車止めが付いていますが、下の駅の車止めも同じものです。





操作方法はエレベータと全く同じです(無人運転)。人影が映っていますが、たまたま同乗した一般人で、運転手さんではありません。


王子にて(地図






東京モノレール1000形の1019~1024は、開業当時の塗色を復刻した特別塗装になっています。















上から順に1019, 1020, 1021, 1022, 1023, 1024です。

天空橋-新整備場間にて(地図






7月17日に開業した飛鳥山公園モノレール(区立)です。





三相交流200V、ラック・ピニオン方式のモノレールで、定員は16名。





走行区間は王子駅前の「公園入り口駅」から「飛鳥山山頂駅」までの47.54m、標高差は17.4m、傾斜角度は24°です。運賃は無料。


王子にて(地図







東京モノレール2021の裏側(前側台車部分)です。


大井競馬場前にて(地図







名鉄モンキーパークモノレール線の跨座式モノレールMRM101です(2,3両目はそれぞれMRM201,MRM102)。1962年の開業当時から活躍する直流1500V(モノレールとしては珍しい)、非冷房(今時珍しい)、アルミ合金製(当時としては珍しい)の大型車3両編成です。パノラマカーの出来そこないのような、一度見たら忘れないデザインです。





名鉄犬山線犬山遊園駅の真上にモノレールの駅があります。モノレール線は今年12月28日の廃止が決定しています。

犬山遊園にて(地図) K10D



多摩都市モノレールは4両編成の跨座式モノレールです。多摩の丘陵地を南北に走ります。




立川駅を跨ぐモノレール。途中駅に多摩動物公園があるためか、キリン、コアラ、ゾウの絵が描かれています。





ごく一部ですが、ビルの谷間を縫うように走る区間もあります。


立川にて K10D + Sigma 17-70mm

撮影地の地図





リゾートライナー第3編成の4号車「34」です。ほとんど注目されない中間車だけを載せてみました。よく見ると、なかなか美しい車両です。

舞浜にて K10D + Sigma17-70mm

撮影地の地図



上野動物園の東園と西園を結ぶわずか300mの懸垂式モノレールです。これでも立派な都営交通でありまして、しかも日本初のモノレール。今年で開業50周年です。運賃は片道大人150円。ただし、上野動物園に入るために別途入園料600円が必要です。



もちろん、このモノレールを撮影するだけのために、私も600円払って入園しております。しかし、さすがにもったいないので、パンダだけは見てきました。上野のパンダは1頭だけで寂しかろうと思ったら、パンダ舎にはレッサーパンダが同居しておりました(苦笑)。
いそっぷ橋の西園側を出たところ K10D + sigma 17-70mm

撮影地の地図




ブログ内検索
おすすめ記事
珍車
旧草軽電鉄デキ13 珍車の最高峰
マヤ50 5001 現代版おいらん車
クト2 自走できない両運転台車
キハ08 3 自走できた客車
高岳静荷重試験車 運ばない貨車

電気機関車
遠州鉄道ED28 2 台車大きすぎ
銚子電鉄デキ3 ビューゲル電機
近江鉄道 ED31 無骨な凸型電機
都営E5000 地下鉄専用電機
EF65 501 現役最後の往年の名機

ディーゼル機関車
秩父太平洋セD300形 誘導員室付
関東鉄道DD502 なんとロッド付
DE11 2002 静音にこだわったDL
日新 NDD5602 根岸のスイッチャー
DD51 センターキャブの大型機

貨車
シキ801 問答無用の巨大貨車
ワ100 901 モーダルシフトの先駆者
ヤ565 大型除草剤散布車
タキ143645 超レアタキ

珍しいコンテナ
Z-1コンテナ 人を運ぶコンテナ
ZX45A-2コンテナ 大型検測コンテナ
UM20Aコンテナ 全身金網のコンテナ
20Aコンテナ 1台だけの桃色コンテナ
W18Fコンテナ 危険な白いコンテナ
ZX18AFコンテナ スケルトンコンテナ

希少種・絶滅危惧種
207系 千代田線の希少種(1)
06系 千代田線の希少種(2)
5000系 千代田線の希少種(3)
6000系試作車 千代田線の希少種(4)
行商専用車 京成の名物


土合駅 462段の階段トンネル
国道駅 生きた昭和のテーマパーク
田浦駅 3世代のトンネル
大師前駅 隣駅に改札がある駅
湯檜曽駅 螺旋と隧道のある駅

設備
池袋5号踏切 交差点との微妙な関係
金属工業西側踏切 8個の警報灯
太陽の恵み鉄道 2線式転車台
上野検車区の踏切 地下鉄の踏切
渋谷駅の跨線橋 階段のない跨線橋

東京駅(丸の内)の変遷
2007.12.24 旧駅舎のライトアップ
2008.12.24 まだ大丸の看板が見えた頃
2009.12.24 シートに覆われ始めた旧駅舎
2010.12.24 完全にシートに覆われた頃
2011.12.24 復原駅舎が見え始める
2012.12.24 復原駅舎のライトアップ
2013.12.24 夕景の駅舎
2014.12.24 100周年でも駅前工事中
2015.12.24 相変わらず工事中
2016.12.24 まだまだ工事中

業平橋駅の変遷(東京スカイツリー完成まで)
2008.1.1 試験工事中
2009.1.1 基礎工事中
2010.1.1 200m越え
2010.7.1 400m越え
2011.1.1 500m越え
2011.7.1 634m達成後
2012.1.1 ホーム工事
2013.1.1 開業後(まとめ)

国立競技場駅の変遷
2014.1.1 閉鎖前の旧競技場
2015.1.1 SAYONARA国立競技場
2016.1.1 そして何もなくなった
2017.1.1 基礎工事が始まる


ほかにもいろいろあります
彷鉄Archives

広告
PR
アーカイブ
2017年10月 (23)
2017年09月 (30)
2017年08月 (31)
2017年07月 (31)
2017年06月 (30)
2017年05月 (31)
2017年04月 (30)
2017年03月 (31)
2017年02月 (28)
2017年01月 (31)
2016年12月 (31)
2016年11月 (30)
2016年10月 (31)
2016年09月 (30)
2016年08月 (31)
2016年07月 (31)
2016年06月 (30)
2016年05月 (31)
2016年04月 (30)
2016年03月 (31)
2016年02月 (29)
2016年01月 (31)
2015年12月 (31)
2015年11月 (30)
2015年10月 (31)
2015年09月 (30)
2015年08月 (31)
2015年07月 (31)
2015年06月 (30)
2015年05月 (31)
2015年04月 (30)
2015年03月 (31)
2015年02月 (28)
2015年01月 (31)
2014年12月 (31)
2014年11月 (30)
2014年10月 (31)
2014年09月 (30)
2014年08月 (31)
2014年07月 (31)
2014年06月 (30)
2014年05月 (31)
2014年04月 (30)
2014年03月 (31)
2014年02月 (28)
2014年01月 (31)
2013年12月 (31)
2013年11月 (30)
2013年10月 (31)
2013年09月 (30)
2013年08月 (31)
2013年07月 (31)
2013年06月 (30)
2013年05月 (31)
2013年04月 (30)
2013年03月 (31)
2013年02月 (28)
2013年01月 (31)
2012年12月 (31)
2012年11月 (30)
2012年10月 (31)
2012年09月 (30)
2012年08月 (31)
2012年07月 (31)
2012年06月 (30)
2012年05月 (31)
2012年04月 (30)
2012年03月 (31)
2012年02月 (29)
2012年01月 (31)
2011年12月 (31)
2011年11月 (30)
2011年10月 (31)
2011年09月 (30)
2011年08月 (31)
2011年07月 (31)
2011年06月 (30)
2011年05月 (31)
2011年04月 (30)
2011年03月 (31)
2011年02月 (28)
2011年01月 (31)
2010年12月 (31)
2010年11月 (30)
2010年10月 (31)
2010年09月 (30)
2010年08月 (31)
2010年07月 (31)
2010年06月 (30)
2010年05月 (31)
2010年04月 (30)
2010年03月 (31)
2010年02月 (28)
2010年01月 (31)
2009年12月 (31)
2009年11月 (30)
2009年10月 (31)
2009年09月 (30)
2009年08月 (31)
2009年07月 (31)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]