忍者ブログ
首都圏の鉄道を静かに彷徨うブログです。毎日0:00発車。

鉄道博物館で展示されている軌陸車(日野製3トン3転ダンプ、レンタルのニッケン改造)です。公道は走れません。



鉄道博物館にて




鉄道博物館に収蔵されている保線車両の模型たちです。全体として、あまり気合いが入っていない作りです。




光源車とマルタイは、それなりに芸が細かいです。



鉄道博物館にて




検査入りする209系C623編成クハ209-2123です。



大宮にて




以前掲載したKIROW社製の操重車の2両目 KRC 810N-2 です。




同型のようですが、塗色は異なります。




先導車。



池袋にて




大宮駅10番線で信号待ちのEH500-26牽引の貨物列車です。



大宮にて




環七が赤羽線を跨ぐための跨線橋「富士見橋」です。橋から富士山を望むのは無理そうです。



十条-赤羽間にて




東武野田線の8000系クハ84110です。



春日部にて




大宮操の桜。




まもなく満開です。




さいたま新都心-大宮間にて(走行車内から撮影)




鉄道博物館で保存されている C57 135号機。「SLバレンタイン」のヘッドマークを付けています。

参考:七夕のときの同機


鉄道博物館にて




SLバレンタインのヘッドマークを付けたD51 426(カットモデル)です。


参考:交通博物館時代の同機



鉄道博物館にて




鉄道博物館で展示されている9600形蒸気機関車の蒸気溜メとカバーです。ドイツ軍のヘルメットかと思いましたが、なかなかイケてる展示方法です。説明文も入れてほしいわ。



鉄道博物館にて




試運転をする南武線N36編成クハE232-8528です。併走するのは鉄道博物館のミニシャトルです。



鉄道博物館にて




東北線(54)神谷道架道橋です。左の車道部分と右の歩道部分まとめてこの名称です。ただし、画像手前の埼京線部分は左右の構造は違います。



尾久-赤羽間にて




大宮を単機で通過するEF81 134号機です。



大宮にて





ブログ内検索
おすすめ記事
珍車
旧草軽電鉄デキ13 珍車の最高峰
マヤ50 5001 現代版おいらん車
クト2 自走できない両運転台車
キハ08 3 自走できた客車
高岳静荷重試験車 運ばない貨車

電気機関車
遠州鉄道ED28 2 台車大きすぎ
銚子電鉄デキ3 ビューゲル電機
近江鉄道 ED31 無骨な凸型電機
都営E5000 地下鉄専用電機
EF65 501 現役最後の往年の名機

ディーゼル機関車
秩父太平洋セD300形 誘導員室付
関東鉄道DD502 なんとロッド付
DE11 2002 静音にこだわったDL
日新 NDD5602 根岸のスイッチャー
DD51 センターキャブの大型機

貨車
シキ801 問答無用の巨大貨車
ワ100 901 モーダルシフトの先駆者
ヤ565 大型除草剤散布車
タキ143645 超レアタキ

珍しいコンテナ
Z-1コンテナ 人を運ぶコンテナ
ZX45A-2コンテナ 大型検測コンテナ
UM20Aコンテナ 全身金網のコンテナ
20Aコンテナ 1台だけの桃色コンテナ
W18Fコンテナ 危険な白いコンテナ
ZX18AFコンテナ スケルトンコンテナ

希少種・絶滅危惧種
207系 千代田線の希少種(1)
06系 千代田線の希少種(2)
5000系 千代田線の希少種(3)
6000系試作車 千代田線の希少種(4)
行商専用車 京成の名物


土合駅 462段の階段トンネル
国道駅 生きた昭和のテーマパーク
田浦駅 3世代のトンネル
大師前駅 隣駅に改札がある駅
湯檜曽駅 螺旋と隧道のある駅

設備
池袋5号踏切 交差点との微妙な関係
金属工業西側踏切 8個の警報灯
太陽の恵み鉄道 2線式転車台
上野検車区の踏切 地下鉄の踏切
渋谷駅の跨線橋 階段のない跨線橋

東京駅(丸の内)の変遷
2007.12.24 旧駅舎のライトアップ
2008.12.24 まだ大丸の看板が見えた頃
2009.12.24 シートに覆われ始めた旧駅舎
2010.12.24 完全にシートに覆われた頃
2011.12.24 復原駅舎が見え始める
2012.12.24 復原駅舎のライトアップ
2013.12.24 夕景の駅舎
2014.12.24 100周年でも駅前工事中
2015.12.24 相変わらず工事中
2016.12.24 まだまだ工事中

業平橋駅の変遷(東京スカイツリー完成まで)
2008.1.1 試験工事中
2009.1.1 基礎工事中
2010.1.1 200m越え
2010.7.1 400m越え
2011.1.1 500m越え
2011.7.1 634m達成後
2012.1.1 ホーム工事
2013.1.1 開業後(まとめ)

国立競技場駅の変遷
2014.1.1 閉鎖前の旧競技場
2015.1.1 SAYONARA国立競技場
2016.1.1 そして何もなくなった
2017.1.1 基礎工事が始まる


ほかにもいろいろあります
彷鉄Archives

広告
PR
アーカイブ
2017年02月 (22)
2017年01月 (31)
2016年12月 (31)
2016年11月 (30)
2016年10月 (31)
2016年09月 (30)
2016年08月 (31)
2016年07月 (31)
2016年06月 (30)
2016年05月 (31)
2016年04月 (30)
2016年03月 (31)
2016年02月 (29)
2016年01月 (31)
2015年12月 (31)
2015年11月 (30)
2015年10月 (31)
2015年09月 (30)
2015年08月 (31)
2015年07月 (31)
2015年06月 (30)
2015年05月 (31)
2015年04月 (30)
2015年03月 (31)
2015年02月 (28)
2015年01月 (31)
2014年12月 (31)
2014年11月 (30)
2014年10月 (31)
2014年09月 (30)
2014年08月 (31)
2014年07月 (31)
2014年06月 (30)
2014年05月 (31)
2014年04月 (30)
2014年03月 (31)
2014年02月 (28)
2014年01月 (31)
2013年12月 (31)
2013年11月 (30)
2013年10月 (31)
2013年09月 (30)
2013年08月 (31)
2013年07月 (31)
2013年06月 (30)
2013年05月 (31)
2013年04月 (30)
2013年03月 (31)
2013年02月 (28)
2013年01月 (31)
2012年12月 (31)
2012年11月 (30)
2012年10月 (31)
2012年09月 (30)
2012年08月 (31)
2012年07月 (31)
2012年06月 (30)
2012年05月 (31)
2012年04月 (30)
2012年03月 (31)
2012年02月 (29)
2012年01月 (31)
2011年12月 (31)
2011年11月 (30)
2011年10月 (31)
2011年09月 (30)
2011年08月 (31)
2011年07月 (31)
2011年06月 (30)
2011年05月 (31)
2011年04月 (30)
2011年03月 (31)
2011年02月 (28)
2011年01月 (31)
2010年12月 (31)
2010年11月 (30)
2010年10月 (31)
2010年09月 (30)
2010年08月 (31)
2010年07月 (31)
2010年06月 (30)
2010年05月 (31)
2010年04月 (30)
2010年03月 (31)
2010年02月 (28)
2010年01月 (31)
2009年12月 (31)
2009年11月 (30)
2009年10月 (31)
2009年09月 (30)
2009年08月 (31)
2009年07月 (31)
2009年06月 (30)
2009年05月 (31)
2009年04月 (31)
2009年03月 (32)
2009年02月 (28)
2009年01月 (31)
2008年12月 (31)
2008年11月 (30)
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
23 24 25
26 27 28
忍者ブログ [PR]